ボルテックス GTウイングの選び方

GTウィングの選び方

ボルテックス GTウィングは、ウィングタイプ、幅、材質、高さ等、幾通りもの組み合わせから用途に応じた最適な製品をお届けする車種別セミオーダーメイド。保安基準適合品からタイムアタック用まで幅広い選択が可能です。

ウィングタイプ選択

空力性能やデザイン等、目的に応じてウィングタイプを選びます。

リヤまわりが丸い車にはタイプ2・3が、スクエアな車にはタイプ4・5がおすすめです。タイプ2の1400~1500mmはリヤまわりが丸い車、スクエアな車のどちらにもマッチするデザインです。

また、同じ幅のウィングならダウンフォースの大きい順にタイプ3→タイプ5→タイプ2→タイプ1→タイプ4になります。

保安基準に適合させる場合、車種によりリヤオーバーハングの関係でダブルウィングのタイプ3、タイプ5が選択できない場合があります。ダブルウィングで適合させやすいアイテムはセンターマウントとVマウントタイプになります。

※タイプ3はダウンフォースが効きすぎる場合があり、230km/h以下での使用をおすすめします。

GTウィングのマッチングチャート図

※L/D:ダウンフォース/ドラッグ=効率の意味です。この図の場合、同条件でのテストデータではなく、あくまでウィング選択する時のイメージとして解釈してください。

ウィング幅選択

保安基準に適合させるには、車の最大幅より330mm短いウィングである等の条件があります。

ウィング幅を保安基準適合の最大幅にする場合はオーダーカット(3,000円)にて対応します。例えばウィング幅1430mmとする場合、1500mmのウィングを指定幅にオーダーカットして製作します。

※ウィング各アイテムの記載幅は、おおよその寸法であって実際の寸法は記載幅より大小あります。レース等のレギュレーションで寸法がシビアな場合はオーダーカット(3,000円)を指定してください。

※ウィング幅が保安基準内におさまっていても、車種やアイテムの組み合わせによって車検が通らない場合がありますのでお問い合わせください。

トランクベース選択

車種や取り付け方法に応じたトランクベースを選択します

ウィングベースの種類

■STD(スタンダード)ベース:汎用タイプのベース。本体価格に含まれます
■専用ベース(28,000円):車種別専用ベース。STDベースでは取り付けできない場合、純正穴を使用する場合等に使います
■別注専用ベース(28,000円~50,000円):足寸法指定、既に開いているトランク穴に合わせるなどの別注品です

トランクベース一覧表

STD:スタンダードマウントベース ■CTM:センターマウントベース ■VMT:Vマウントベース ■SN:スワンネックベース

※一覧表に記載されていない車両についてはご相談ください。 ※専用ベースは車種により穴あけ加工が必要な場合があります。 ※HB車の取り付け方法は要相談。 ※備考欄にHBと記載してるものはベース加工費として別途5,000円がかかります。

ウィング材質選択

■WC(ウエットカーボン):一般的なカーボンです。表面にクリアゲルを使用し、カーボンとFRPで成形されたウィングです。
■DC(ドライカーボン):ウエットカーボンより約30%軽量で高強度、ハイクオリティな深みのあるクリアペイントが施してあります。

※WC・DC、どちらもクリアペイント済です。 ※DCはツヤあり、ツヤなしが選択可能です。

ブラケット高さ選択

ウィングブラケット

ローマウント(80mm)、195mm、225mm、245mm、275mmの5種類から選択します。

トランク面からウイングの上面までの高さが、シングルウィングでおおよそブラケット寸法+100mm、ダブルウィングでは+140mmになります。

【ブラケットの価格について】タイプ11、13、15、15.5以外は、ウィング本体価格に含まれています。275mmはオプション設定で+\2,000-税別。80~245mmはどの高さでもプライスは変わりません。

【延長ブラケット】空力性能の調整に、約40mmの延長ブラケット。(\8,000-税別)※横揺れ等が出ますので275mmブラケットとの組み合わせはおすすめしません。

エンドプレート選択

GTウィング エンドプレート

車体とのマッチングを決めるのに大切なパーツです。

■タイプAは、ウイングを横から見て水平よりも少し前下がりがベストで、ウィングの角度的にもこの角度で使用して頂くのが理想で、ベストの角度が狭い形状をしています。
■タイプBは、タイプAの視覚的バランスがシビアなところを緩和したものになっています。
■タイプCは、デザイン的に小型なウィングにボリュームを持たせたい場合やVマウントウィングに使用します。
■デザイン的にさらにハイグレードにする場合は、端面を丸くした板厚中空タイプA-R&B-R各サイズを用意しています(+\16,000-税別)

【エンドプレートのタイプA&Bと、タイプA-R&B-Rの違いについて】
■タイプA&Bは、6mm厚の両面とも化粧面のカーボン板から切り出し端面を丸く仕上げたタイプです(面トリR 3R)
■タイプA-R&B-R、C-Rは、ハイグレードな板厚中空モデル。ウィング本体と同様に型から製品を作りますので、端面のカーボンがきれいに見えます(板厚8mm、面トリR 4R)

※VマウントおよびタイプHに関しましては専用エンドプレート設定となります。
※ドライカーボンウィングは、標準でRタイプのエンドプレートとなっています。
※タイプ11、13、15、15.5は専用プレートになります。

ガーニーフラップ

ガーニーフラップ

ガー二ーフラップを追加すると、一回り大きなダウンフォースが発生します。3~15mmまでサイズのオーダーが可能です。(各サイズ 23,000円)

※ガーニーフラップは保安基準に適合しませんのでご注意ください
※タイプ3は、ガーニーフラップの設定がありません。

お問合せ

VOLTEXエアロにはさまざまなバリエーションや派生パーツが設定されています。これは、車両のチューニング仕様、ターゲットステージ、コースの状態やドライバーの好み等のいろいろ条件にあわせ、柔軟な空力セッティングができることを意味します。

エアロの取り付けには、フィッティング・下地処理・塗装・固定など専門の知識と技術、経験が必要になります。HRSでは数多くのボルテックス製品を取り扱い、その特性や取り付けの注意事項などをよく理解しています。用途にあわせたバリエーション選択、しっかりとした取り付け作業、走行時の空力セッティングなどお気軽にご相談ください。

TEL:045-482-3626

※本フォームではご質問・ご意見を24時間いつでも受け付けております。
(お送りいただいた内容によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

ページの先頭へ